CBDは吐き気を抑える?自律神経のバランスに答えが。。。

2020年5月18日 | からCBD | ファイル: 未分類.

近年海外で注目されているCBDとは、サプリメントや薬の成分の1種として知られており、麻を利用したものになります。

海外では広く利用されていますが、日本では市民権を得るには至っていません。

CBDは、麻の成分を抽出しサプリメントや薬にすることで、様々な効果が期待されているわけです。

CBDは吐き気を抑制する?自律神経のバランスが整うと。。。

具体的な効果の1つは、精神的に安定させる効果です。

例えば、人間は自律神経のバランスが狂った場合に吐き気をもよおす場合が考えられます。お酒を飲み過ぎた場合だけでなく食べ過ぎた場合にも気持悪くなりやすいですが、それとは別に原因があることも考えられます。

その原因を見ていくと、自律神経に原因があることがわかりました。神経は交感神経と副交感神経で成り立っており、交感神経は緊張しているときに優位になりやすいものです。一方で、副交感神経はリラックスしているときに優位になりやすいとされています。本来人間は、交感神経と副交感神経のバランスが整っているはずですが、ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れ交感神経の方が優位に立ち、めまいや立ちくらみそして吐き気などが起こりやすい傾向にあります。

ここからわかることは、自律神経のバランスが整えれば十分に吐き気を抑えることができることです。

そこで利用されるのが、CBDになります。

これは、自律神経交感神経が優位になるのを抑える働きがあり、神経伝達を緩やかにする働きがあるとされています。

そのためストレスを感じている場合や嫌なことをしなければならない場合には、あらかじめCBDを摂取すると自律神経のバランスが整い吐き気を抑えることができるでしょう。

CBDの摂取の仕方は3種類あり、1つは錠剤タイプのもので水と一緒に飲みます。

一般的なサプリメントや医薬品等はこのような形で利用されることが多いです。

また、麻の成分をクリームに混ぜることにより利用する方法があります。

それ以外には、タバコのように吸引するタイプも存在しています。

それぞれ使い方が異なりますが、自律神経を整える場合にはあまりクリームを使うことはありません。定期的に調剤を飲むか吸引をした方が効果的です。

吸引をする場合の注意点ですが、あまり吸い過ぎてしまうと身体に問題が発生する可能性があります。

適量を超えて吸引することで逆に気持ち悪くなり吐き気を催すことも考えられます。そのため、利用する場合には用法を守り吸いすぎないようにすることが必要です。


タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です