CBDリキッドの最強の1本は?2つの条件がカギ

2020年4月19日 | からCBD | ファイル: 未分類.

レビューサイトが多すぎて、結局イチバン効果がある最強のCBDリキッドはドレなのかわからなくなってませんか?

60種類以上試してきた管理人が、最強のCBDリキッドをご紹介していきます。

レビューサイトでは教えてくれない条件や、デメリットなどもまとめてあります。

ドンキホーテにもありますが、条件や特徴をしっかり捉えておかないと失敗してしまうこともあります。

もちろん、管理人が吸って実感したものなので、御参考になるかと思います。

最強のCBDリキッドを選ぶ際には2つの条件がカギ

カギとなるキーワードは「フルスペクトラム」、そして「高濃度」です。

フルスペクトラムとは、CBD(カンナビジオール)の他にも有効成分がたっぷり入っている「仕様」のことで、CBDだけのピュア系より健康維持へのリターンが大きいことが、研究を通して知られています。

ピュア系は使っているうちに効果が低下してきてしまうデメリットがあるんですね。

フルスペクトラムとピュア系、効果を重視して選ぶならフルスペクトラム、そう覚えておきましょう!

また「高濃度」であることも大事になります。

低濃度だと効果を実感できない人が多いのは、口コミや評判を見ると明らか。

アルコールでも低いアルコール濃度だと全然酔えない人がいますよね。それと同じです。まずは高濃度タイプでCBDの「方向性」を感じてから、自分に合った濃度を選んでく、という方が効率がいいですよ。

ちなみにアルコールとは違い急性中毒になったり、一部のレビューサイトで「キマる」なんて嘘の効果はありませんので、安心して使って頂ければと。

キマるのは、日本では違法とされている「THC」の効果で、CBDにはそのような効果はありません。

国内で販売されているものはTHCは除去されているので、間違った情報に惑わされないように気をつけたいところです。

レビューサイトで教えてくれない最強リキッドの「デメリット」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です